2019年04月18日

新しい出会い

こんばんは!ボンです!

ジョイフルのプールが建て変わり、3週間が過ぎました。
練習方法も色々な方法を試して、選手が強くなれるように頑張っています。
特に今のプールは足がついてしまうので、スイムを多くし、泳力の強化を図っています。環境は変わってしまいましたが、水球で求められる能力を今できる環境で一生懸命高めていきたいと思います。

そんな中、ジョイフル水球に新しい出会いがありました!



僕の隣にいる彼です!
名前は宮澤優士君といいます!水球の名門石川県出身の選手ですれ
専修大学でプレーし、昨年度のインカレではキャプテンとして専修大学をインカレ準優勝に導きました!

今年度から筑波大学の大学院に進学し、水球の指導に興味があるということで、これからジョイフル水球の指導に協力してくれることになりました!\(^^)/


今年度はジョイフル単独でJO予選や大会に出場することができそうです!たくさんの方々に応援、協力いただいているこのチームをより強くできるように今後も指導頑張ります!


今回は宮澤君のことを紹介させていただきましたが、次は忘れてはならないもう1人のジョイフル水球の指導者を紹介したいと思います!

また、ぜひブログみてくださいね!


最後に、ジョイフルの水球チームは水球をしたい選手を募集しています!水球やってみたい!と思ったらぜひジョイフルの水球に体験に来てください(^^)
  

Posted by 山中 裕太 at 20:39Comments(0)水球筑波大学

2019年04月01日

きっかけ

こんばんは。山中です。
今日は素敵な論文と出会うことができました。
タイトルは「大学らしい体育を求めて生涯学習社会における大学体育の水準を考える」という論文で、1999年に大学体育研究に投稿されていた論文です。
内容は、大学における一般体育の目指すものは何かということについて論じたものでした。

この論文の中で、特に印象に残ったもことは、高橋伍郎先生が水泳することの固有価値として「力学的原理」を泳ぐ学習を通して「人間のための原理」に変えることにあると言及している点です。
恥ずかしいことに、今まで私は水泳の授業を担当するにあたって、このような考えとは程遠く、学生がただなんとなく楽しいような授業になるように授業を行っていたと感じました。

この論文を読んで、ただなんとなく楽しいという授業ではなく、そのスポーツが持つ固有価値を学習することで、学生が学習したスポーツについて深く知ることができる。そして、その結果、スポーツを通した至高経験を感じることができる。
そんな授業を行えるような先生になりたいと思いました。
そのために、まず私がスポーツを通して何を伝えたいかを理解すること、そしてもっともっと教材研究に励みスポーツの固有価値を学ぶことが必要だと感じています。

本当にまだまだ未熟な私ですが、今回の論文で感じた気づきをきっかけに指導、研究をもっと頑張ろうと思います。
それでは失礼します。  

Posted by 山中 裕太 at 23:41Comments(0)筑波大学

2019年03月27日

3月27日

こんばんは。お久しぶりです、山中です。
かなりブログの更新を怠ってしまいました。
文章を書く機会が減ってしまったと感じているので、またコツコツとブログを再開したいと思います。

さて、現在ジョイフルは新しいプールへの移行期です。
あの大きな50mの屋内プールは老朽化で建て替えられるため、今後は使えなくなってしまいます。
私がジョイフルのコーチを務めた4年間、そして私が大学生の頃からジョイフルのプールには大変お世話になりました。
あの大きな綺麗なプールがなくなってしまうのは寂しく残念ですが、今後も新プールで水球を頑張りたいと思います。
プールが新しくなってもジョイフルの水球チームは活動させていただく予定です。
今後とも指導を頑張りたいと思います。
みなさん今後ともジョイフル水球をよろしくお願いします。

それではまた更新させていただきます。
失礼します。
  

Posted by 山中 裕太 at 23:56Comments(0)筑波大学

2018年01月03日

年末筑波水球合宿

あけましておめでとうございます。
山中です。

さて、かなり久しぶりの更新となりますが12月の私と水球についてのお話をさせていただければと思います。
昨年の12月年末に高校生たちを集めて練習会を行う、筑波水球研修会そして、高校生を集め試合を行うTsukuba Winter Cupを筑波大学で行いました。

これらを開催しようと思ったきっかけは、私が筑波大学に入学する前に行われていたという”高校生合宿”について知ったからです。
筑波大学の先輩方は年末と春にかけて高校生に連絡を取り、高校生に対して練習の指導を行ったり、チームのアドバイザーとしてそれぞれチームを担当し、指導していたという話を多くの方から耳にしたり、高校生合宿について書かれた書類を発見しました。
この話を後輩の市川くんと一緒に話をして、できたらなんだか面白そうだね!
と、いうことでやってみよう!ということになりました。
毎回、レディースカップや遠征や色々なイベントは市川くんや淡路くんといった後輩から始まります笑

研修会は12月22日〜24日まで行われ、福岡、広島、大阪、岐阜、栃木、東京などの多くのチームから総勢43名ほどの選手が集まってくれました!
今回の研修会では1日目に体力測定を行なってチーム分け、2日目以降からカウンター、セット、退水からの攻防を主体に練習していくというものでした。
選手のみんなも普段は関わることのないはずの選手と一緒に練習できたり、筑波大の大学生から直接指導を受けれたことは新鮮だったようです。
私自身今回の研修会を行なってみてびっくりしたことは、選手がゲームをするたびにどんどんうまくなる姿を見ることができたことです。
なんというか、偶然集まった選手が同じチームとしてプレイすることであんなに上達するのかとびっくりしました。



指導者として、この姿がみれてよかったと思います。なんとなくですが、彼らも一緒に水球ができて楽しかったのではないか?と思います。

また、今回の研修会は僕の計画が不足していたところがかなりあると感じています。
しかし、筑波水球の大学生たちが柔軟に対応してくれそして、選手たちにとても丁寧に指導してくれたことで、参加した選手にとってとてもいい研修会になったと感じています。
大学生のみんなありがとう!








指導してくれたみんなの写真
また、本田くんもデータ分析のチーフとして研修会での分析データを選手のみんなにフィードバックしてくれました!

また、嬉しいことに私が講師をさせていただいている武蔵中高、そして私の出身の大阪の茨木高校や大阪にある豊中水球クラブの選手も参加してくれました。


参加してくれてありがとう!



3日目、集合写真

そして、次はTsukuba Winter Cupです。
こちらは、冬場、チームでの試合経験が不足する高校生たちに試合機会を提供しようということで大会を開催しました。
筑波大学の学生にも参加してもらい、実際に大学生とゲームをすることで高校生たちへの刺激となれるよう考えました。
こちらは市川くんが主体となって、マネージャーや4年生や卒業生、スタッフと協力して運営を行ってくれました。



今回の大会には埼玉栄、栃木、岐阜、大阪、桐朋、大阪、茨城といったチームが参加してくれました!
また、光治さん、直宏さん、智士さん、航、僕といったジョイフルメンバーに加え、筑波大学の4年生やジョイフルで水球したことのある選手が集まってチームジョイフルとして参加しました!
筑波大学やJACには日本代表を経験した選手が出場してくれました。
今回の試合で高校生たちも彼らのような強いプレイヤーとの試合を通して何か感じることがあったのではないか?
と思っています。
直接肌を通してそれを実感してもらえてたら嬉しいです!



また、参加してくれた栃木のチームに出身である肥沼くんや清水くんがアドバイスを行うなど、自分たちが水球を指導する際にいい経験にもなれたのかと感じています。今回の研修会、大会を通して自分たちの指導について考えるいいきっかけにもなれたのではないか?と感じています。




チーム栃木

今回の研修会と大会を行うにあたり参加してくださった指導者、選手の皆様そして筑波大学の学生には連絡や準備が不足していたり大変迷惑をおかけしました。
でも、このような会を機にたくさんの指導者の方々や選手、大学生のみんなと話をさせてもたいたくさんのアドバイスや意見をいただきました。
この経験を踏まえ、たくさんの意見を反省し次につなげていくことが私に大切なことだと感じています。
一度きりの開催とならないよう、今後もこのような機会を水球界に提供できるよう頑張ります。


最後となりましたが、今回参加してくださった指導者、選手の皆様、そして協力してくれた大学生のみんな本当にありがとうございました。
今回ダメだったところを反省し、次に活かせるように頑張ります。
また、筑波大学がこれからも強いチームでそして多くの人から応援されるチームであれるよう私も一生懸命頑張りたいと思います。
今年もよろしくお願いします!

  

Posted by 山中 裕太 at 00:00Comments(0)水球筑波大学

2017年10月06日

水球 日本選手権

こんにちは。山中です。

今日から水球の日本選手権が開催されています。
会場は辰巳国際水泳場になります。

また、会場に直接伺うことができない方でも、
https://freshlive.tv/jasf/159604 
このサイトから視聴することができます。
日本選手権には、ジョイフル出身の大川慶悟選手(King Fisher74)、吉岡航選手(筑波大学)、齋藤葵選手(秀明水球クラブ)も出場されます。
また、ジョイフルに練習しに来てくれたことがある選手も筑波大学や三建30クラブなど様々なチームで出場されています。
水球を知ってる方も、知らない方もぜひ見てみてくださいね!

みなさんも週末は水球で楽しく過ごしましょう!
それでは失礼します。

  

Posted by 山中 裕太 at 14:44Comments(0)水球筑波大学

2017年09月11日

夏!水球!

こんにちは。山中です。
久しぶりのブログの更新となります。

気づくといつのまにか蝉の声が聞こえなくなり、秋がやってきた感じがします。
もう夏も終わりですが、私が水球を始めた高校の時以来、夏は水球!という感じです。

今年の夏もたくさんプールに行き、水球を指導したりプレイしたりと、たくさんの方々と一緒に水球をすることができました。
前回の記事では山梨に遠征に行かせていただいたことを書きましたが、それ以降のことについて少し書きたいと思います。



まず、今年は長野県へ遠征に行かせていただきました。
長野県は2027年に国体を控え、これから長野県で水球を盛り上げていく、そのきっかけとして雅浩、ふじもんと一緒に水球を指導させていただきました。
また、今回は筑波大学水球部スタッフのたかさん、みょーちゃんにも一緒に来ていただき、トレーニング指導、栄養指導をしてもらいました。

これをきっかけに長野県の水球が今後より賑やかになればとても嬉しく思います。



長野県の水球のみんなと


たかさん、みょーちゃん


長野県の新聞にも載せていただきました。


また、ジョイフルのOGやOBが帰省中にジョイフルの練習に参加し、現役選手と一緒に練習してくれました!
大学でも水球を続けている選手とそうでない選手もいますが、帰省した際はジョイフルに顔を出して現役の練習に協力してくれます。
こうやってジョイフルを卒業しても帰って指導してくれるOBやOGがいるからジョイフルの水球があること、そして、これからもジョイフルの水球があるためにも現役を指導していくことが大切だと感じました。



OB、OGのみんな、現役も一緒に

練習に来てくれたみんなありがとう。
これからも指導頑張ります。


そして、毎年おこわなれている茨城県選手権で、今年も無事にジョイフル(OB)が優勝しました。
ジョイフルのOBには全国大会を経験したり、全国のトップチームで水球をされた経験豊富なOBがたくさんいます。
試合会場ではそんなOBさんのプレーを見て、小学生の水球選手たちもとても感銘を受けたようでした。
OBの皆さん、これからも現役へのご指導よろしくお願いします。そして、子供達が憧れるようないいプレーを見せて、たくさんの人が水球を好きになってくれるようにこれからも頑張って行きましょう。



それでは、今回はこの辺りで失礼します。
また更新します。






  

Posted by 山中 裕太 at 15:28Comments(0)水球筑波大学

2017年07月03日

7/2 山梨遠征

こんにちは。山中です。
昨日、ジョイフルの生徒と筑波大学水球の選手を何名か連れて山梨県へ遠征させていただきました。

ジョイフルの生徒は武蔵遠征以来の遠征でした。
山梨水球クラブのチームに混ぜていただき、ゲーム練習を多くさせていただきました。
いつもとは異なる相手と試合をして、練習してきた中で通用しないことが多くあったようです。
1対1の練習をして点が取れても、6対6でゲームをすると全く点が取れないということも少なくありません。
また、他のチームに入れてもらうとなおさらです。
どんな人とも一緒にプレーをして勝つことができることは重要だと考えます。
そうなれるように練習、頑張っていきましょう。

また、筑波の大学生も遠征に協力してくれました。
一緒に練習したり、指導をしたり、ゲームをしたりと山梨の選手も大学生とのプレーを楽しんでくれたのではないか?と感じます。
僕は大学生が今回のように、高校生に指導することはとても大切だと感じています。
もちろん日頃の練習もとても大切です。しかし、指導を通して得られる向上も必ずあると信じています。




ジョイフルを指導するようになって特に感じましたが、いくら教えたい動きが自分できても、生徒が動きをできるようになるわけではありません。
その動きを教えるには指導する選手にあった言葉が必要です。
指導の際は生徒にどうやって教えたらよいかすごく悩み、苦労しますが、生徒ができるようになった時の気持ちは格別です。
そして、自身の競技能力も高まる気がします。
指導するということは自身を向上させるのにとても大切だと思っています。

去年も山梨遠征からたくさんのことが始まりました。
今年も夏が始まります。水球を通しての、たくさんの出会いが楽しみです。
今夏もよろしくお願いします。




  

Posted by 山中 裕太 at 16:27Comments(0)水球筑波大学

2017年06月25日

水球 山中

こんにちは。お久しぶりです山中です。
全くジョイフル水球のブログ更新できておりませんでした。
更新されないブログは機能を果たしていないと考えますので、今後続くよう努力したいと思います。

さて、今日も朝、ジョイフルで練習がありました。
今日の目標はシュート力を上げる、1on1を強くする。ということでしたので、
アップダッシュをした後はシュートをたくさん打って、フットワークをして、1on1に入りました。

1on1は右サイドにパサーを置いて、OFの人がパスをして攻防がスタートするというものです。
最初の方はみんな攻め方、守り方がわからずぬるい動きが多くありましたが、
OFではダッシュでDFの前に入ろうとすること、DFでは相手がボールをパスされたら当たれるようにする、などとアドバイスすると
だんだんと良い動きになり、立派な1on1での攻防になっていました。
また、練習終わりに生徒から、「人によってDFやOFのタイプが違うんだな」とか、「ボールと相手が見れるようになった」といった発見があったのは指導者としてとても嬉しいことでした。

また練習頑張りましょう。

ジョイフルの水球チームでは水球がしてみたい生徒を募集しています!
無料体験も行なっているのでぜひ、一度水球を体験しに来てみてください。

それでは失礼します。  

Posted by 山中 裕太 at 16:11Comments(0)水球筑波大学
こんにちは!お久しぶりです!
水球の山中です!

先週のジョイフルの練習にサンティが来てくれました!



サンティと並木とジョイフルの生徒

サンティはスペインで水球をフローターとフローターバックとしてプレイしていました。なんと、博士号を持っており日本で研究者として働いています。
仕事の関係でつくばに住まれているとのことで、ジョイフルの練習に参加してくれました!


筑波大学での写真

今週の日曜も練習に来て、フローターの練習を指導してくれることになりました!
サンティこれからもよろしくね!  

Posted by 山中 裕太 at 16:03Comments(0)水球筑波大学

2016年11月09日

静岡県選手権

お久しぶりです。
最近ほとんどブログを更新できていませんでした。。
言い訳になりますが色々なことがありまして、、、

まず、私事ですが筑波大学の博士後期課程に合格しました!
高木先生が専攻長の大学体育スポーツ高度化共同専攻という新しく開設された専攻に入学して大学体育のことについて勉強することになりそうです。

また、ジョイフルでシンクロの皆さんとパフォーマンス発表会を行わせていただきました。
毎年、シンクロチームがジョイフルで講演を行うのと一緒に水球も練習の成果を発表させていただきました。
シンクロでコーチをしている真与ちゃん始めシンクロの皆さんやジョイフル水球のOB、筑波大の水球部、ジョイフルの社員の皆さんには大変お世話になりました。
お客さん水球を見て楽しんでもらうというのは初めてで、正直僕もどのようにしたらいいかわからなかったのですが、皆さんの温かい協力のおかげでとてもいいものが見せれたと思いますし、水球を通してたくさんの人の笑顔が見れたことがとても嬉しかったです。
ありがとうございました。

そして、ジョイフルOBチームの活動です。
日本選手権の予選に出場したり、茨城県選手権で優勝したり、今回はなんと静岡県選手権で優勝することができました!
静岡県選手権での優勝はジョイフル初だそうで僕も役に立ててとても嬉しかったです!

さて、このようにOBさんの活躍に負けず、現役選手も頑張っています!
つい最近、6年生の男の子が水球に入会してくれました!
まだ、水球を始めて間もないのですがシュートをしたりドリブルしたりとボールとの触れ合いを楽しんでくれていてとても嬉しいです!
また、水球を続けてきた中学生・高校生も負けていません!
力強いバウンドシュートを打てたり、器用に相手をかわしたりと成長を感じます!
また、今日は小学6年生の女の子もスイムをとても頑張っていました!
現役選手の活躍を嬉しく感じますし、やはりメンバーを集め、ジョイフルチームで試合に出たいと感じます!
これが今の僕の目標です!

















これまでの色々な写真


またコツコツと更新していきます!
それでは!
  

Posted by 山中 裕太 at 21:41Comments(0)水球筑波大学