プロフィール
山中 裕太
山中 裕太
博士になりました!
水球がやっぱり大好きです!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば市情報へ
にほんブログ村
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2022年10月04日

みんなに水球を始めて欲しい 13

こんにちは.山中です!
今日も水球に関して更新します.

今日は僕の考えるチームについて話してみたいと思います.
僕は今ジョイフル水球チームを主でまとめています.いわゆる水球チームの総監督?みたいなものかもしれません(あくまでイメージです).

そこで,僕がチームを運営していく中での考えはジョイフル水球というチームでは選手に
①感謝できる人になる,②一生懸命取り組める人になる,③自分で考える人になる,というふうになって欲しいと思っています.

①感謝できる人になる について
これは自分が練習できるということにたくさんの人が協力してくれているということをわかってそのことに気づいて欲しいということです.
例えば,練習するにもプールを借りればそこのプールのスタッフや利用する会員,他チームの選手から練習環境をお借りします.
また,保護者の方が月謝を払って習い事を習わせます.そして,その時間指導する指導者がいます.
たくさんの人達に支えられて練習しているということに気づいてそれに感謝して取り組める人になって欲しいと思っています.


②一生懸命取り組める人になる について
これは,自分のやることに対して一生懸命取り組める人になって欲しいということです.
練習で課されたメニューに対し,できるようにする.もっと上手くなるように練習するというのが一番わかりやすいかと思います.
さっきの感謝する気持ちがあれば練習にも一生懸命取り組むことにつながるのかと思っています.

でも,それ以外にも,自分の選択したことに一生懸命取り組める人になって欲しいという思いがあります.
例えば,勉強です.行きたい高校や大学を選択してそこに向けて一生懸命勉強する必要があります.
また,自身の夢を叶えるということもそうです.
自分の夢がある時,それを叶えるために努力できる人になって欲しいと思います.
何か一生懸命取り組める人はきっと自分の目標や夢を叶えることができるようになると信じています.


③自分で考える人になる について
これは何か問題が起きた時に,自分でその解決方法を考えれるようになって欲しいということです.
水球では自分のミスで失点してしまった,その次に失点しないためにどうすればいいか自分で考えることができる,だったり.
もっと速く泳ぐためにはどうすればいいかを自分で考えることだと思います.
でも,こういうことって日常生活でもよくあると思います.
例えば,学校に遅刻したとか,宿題を忘れていたとかもそうです.
失敗してしまった時,次にどうすればいいかは自分で考えて行動する必要があります.
学校に遅刻したら,基本的に自分が悪いのでまずは謝ることですよね.その次は,遅刻しないためにはどうするかを考えて,先生に伝えてそれを実行する必要があります.
宿題を忘れた時も,基本的には自分の不注意が多いので,まずは謝ることですよね笑.謝って,申し訳ありませんが,〇〇までに提出してもよろしいですか?と先生に相談して,宿題をやる必要があります.
年齢が上がるにつれて,段々と自分で考えて行動しなくてはいけないことが増えてきます.
そのためにも,自分で考えれる人になるということを指導したいと思っています.


この3つが僕が水球を通して指導したいことです.
でも,実はこの3つは水球じゃなくても指導はできます.
でも,この3つがないといい水球選手にはなれないのではないか?と思っています.
以上,これが僕の考えです!皆さんはどう思われますか?


それでは!  

Posted by 山中 裕太 at 10:34Comments(0)JAC水球